ひとり親家庭を支援する助成金

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとり親家庭を支える手当

ひとり親家庭では、児童扶養手当を申請し、受給することができます。この手当は国が「両親どちらかと生計を同じくしない児童を養育する家庭の自立と安定に寄与するため」ということを目的としたもので、児童扶養手当法によって定められています。主に離婚や死別などにより、ひとり親家庭になった児童に適用される手当です。年に3回月額をまとめて振り込まれますが、手当は物価スライドの影響を受けるため、若干ですが額が改定されることがあります。

基本的には子どもを養育するための費用が不足している時に、地方自治体の福祉事務所に申請をします。例え母子家庭でも、今のところは収入に困っておらず、十分な養育ができている家庭も多くあるでしょう。手当に所得制限限度額があるものの、要項に該当していれば誰でも受け取る事ができる手当ですし、仕事もいつ何があるか分かりません。今は大丈夫でも、将来も十分な養育ができるように要件を満たしている方はなるべく申請をするようにしましょう。

もし離婚しなくても別居状態が1年以上続いている場合は、「遺棄」という区分で手当を受けられることがあります。その間に夫から仕送りや連絡があれば遺棄としては認められませんが、電話や手紙、訪問が一切無い場合は、受給できる可能性が高いため、近くの相談窓口に問い合わせてみてください。母親が家を出て申請書の別居理由に「性格の不一致」と記入しても遺棄とは認められませんので注意してください。

ひとり親家庭を支援する助成金 記事一覧

離婚を機に住宅ローンを借り換える

離婚の際の借り換えで住宅ローンを賢く使っている人がいます。 現時点で住宅ローンの返済をしている人でも、借り入れ当初の返済の内容は最後まで変更がきかないものと考えている人もいるようです。 住宅ローンは、...

離婚を機に住宅ローンを借り換えるの続きを読む>

就学援助制度の申請に必要な書類

●就学援助制度の申請書類 就学援助制度の申請書類となる「就学援助制度申請書」は、各学校に常時供えられていますが、必要となれば郵送で貰うこともできます。 小学校や中学校へ行けば児童でも貰うことが出来る...

就学援助制度の申請に必要な書類の続きを読む>

児童扶養手当の手続き方法

新規に手当を申請する場合は、児童扶養手当の手続き方法を知っておく必要があります。この手当は各地方自治体により支給されるものなので、申請する場所によって書類の内容や必要書類の種類が異なることがあります...

児童扶養手当の手続き方法の続きを読む>

児童扶養手当の条件

児童扶養手当とは、特定の項目のいずれかに当てはまる子供の母や父、又は父母にかわって児童を養育する保護者が手当を受け取ることができます。また以下項目の児童とは、満18歳以降の最初の3月31日までにある...

児童扶養手当の条件の続きを読む>

就学援助制度の手続き方法

各市町村ごとに設けられている就学援助制度。これは、母子家庭のように経済的に不利な家庭の子供が公立の小学校と中学校に進学する際、給食費や学用品にかかる経費などを援助するための制度です。母子家庭なら誰で...

就学援助制度の手続き方法の続きを読む>

このエントリーをはてなブックマークに追加