児童扶養手当の条件

このエントリーをはてなブックマークに追加

児童扶養手当の条件

児童扶養手当とは、特定の項目のいずれかに当てはまる子供の母や父、又は父母にかわって児童を養育する保護者が手当を受け取ることができます。また以下項目の児童とは、満18歳以降の最初の3月31日までにある子どものことを指します。なお児童に一定程度の障害がある場合は20歳未満を児童とします。

児童扶養手当の条件は「親が婚姻を解消した児童」「親のどちらかがなくなった児童」「親のどちらかが一定程度の障害を持っている児童」「親のどちらかが生きているか判断できない児童」「親のどちらかから監護義務を破棄している児童」「親のどちらかが過去に裁判所からDV保護の指摘を受けたことがある児童」「親のどちらかが法令により刑事訴訟における勾留を受けている児童」「母が婚姻によらないで身ごもった児童」の8つです。全てではなく、一項目当てはまると受給対象者となります。もしこれらの条件を満たしている場合でも、日本国内に住所が存在しない場合や親が死亡した時に受給することができる給付を受けている方は手当の対象外となりますので、予め手当の説明や要項をよく熟知しておきましょう。

この手当は申請が通っても、毎年8月に「児童扶養手当現況届」を提出しなくてはいけません。これは受給中に、受給資格が保持できているのかを確かめるための届出です。届出を出さなければ、受け取った分の金額を一括返金しなければならないため、忘れないように注意しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加