児童扶養手当の手続き方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

児童扶養手当の手続き方法

新規に手当を申請する場合は、児童扶養手当の手続き方法を知っておく必要があります。この手当は各地方自治体により支給されるものなので、申請する場所によって書類の内容や必要書類の種類が異なることがあります。そのため実際に申請を行うときには、予め各地方自治体のホームページを見ておくか、より詳しく知りたい方は直接福祉担当窓口に説明をしてもらうとよいでしょう。基本的には申請方法は同じなので、以下の方法や必要書類をよく覚えておくかメモをとっておきましょう。

新規申請に必要なものは朱肉の印鑑、申請者と対象児童の戸籍謄本、申請者と対象児童を含む世帯全員分の住民票のコピー、ネット銀行や郵便局のものではない預金通帳、年金手帳、正月以降に転入してきた方は前に住んでいた所で発行された所得税証明書、申請理由によって必要になるその他書類です。申請書とともに窓口提出することで手当申請の手続きを行えます。

すでに児童扶養手当を受給している方は、毎年8月に前年所得と扶養状況を確認するための「現況届」を提出してください。届出期間が近くなると、役場より案内通知が届きます。もし忘れて届出をしない場合には、現況が分からない期間受け取った手当は、全て役場に返還します。そして受給から5年以上が経過した方は「一部支給適用除外事由届」を役場に提出することで、継続して手当を受給をすることができます。こちらも期間が近づくと案内通知が届きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加