離婚を機に住宅ローンを借り換える

このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚を機に住宅ローンを借り換える

離婚の際の借り換えで住宅ローンを賢く使っている人がいます。

現時点で住宅ローンの返済をしている人でも、借り入れ当初の返済の内容は最後まで変更がきかないものと考えている人もいるようです。

住宅ローンは、借り換えることなどで諸条件を変更することができます。

例をあげると10年前にマンションを買った人は、住宅金融公庫の金利が2%という過去最低水準だったので、全額を金融公庫で借りられました。

借り入れ直後から10年間は月々11万円が返済金でしたが、住宅金融公庫は段階金利なので11年目に金利が上昇し、以後は金利が4%になったとします。

実際に、借り換えに際してはどのような手間や経費がかかるでしょう。

民間金融機関の貸付金利が3%なら、住宅金融公庫よりも1%有利ということになります。

住宅ローンの借り換えによって毎月の返済が10,000円減るなら、仮にあと30年の返済が残っていると仮定すると完済までの金額が350万円は節約できるということになるわけです。

この例では住宅ローンを住宅金融公庫から民間金融機関に借り換えたものですが、この他のパターンもあります。

固定金利制で住宅ローン融資を受けた時に金利が現在より高かったという方は、今のより低金利のローンに借り換えて返済を軽くしたいものです。

固定金利の住宅ローンをずっと利用していると、高くなりやすいようです。

現在、何%の金利で住宅ローンの返済をしているのか、その金利は変動性か固定制かなど、借り換えの前に調べてみましょう。

離婚 住宅ローン
離婚の際に住宅ローンの残債がある場合は注意が必要です。名義変更などが難しいケースも多いので、家を売却して財産分与した方が良いケースが多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加