就学援助制度の手続き方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

就学援助制度の手続き方法

各市町村ごとに設けられている就学援助制度。これは、母子家庭のように経済的に不利な家庭の子供が公立の小学校と中学校に進学する際、給食費や学用品にかかる経費などを援助するための制度です。母子家庭なら誰でも受けることができるというわけではありませんが、母子家庭で児童扶養手当を受けている家庭、市民税が非課税になっている家庭、国民年金または健康保険が全額免除になっている家庭、生活保護を受けている家庭などは就学援助制度も利用できる可能性が高いので、ぜひ自治体の窓口に相談してみましょう。

就学援助制度の手続き方法は、住民票のある市町村役場の窓口で行います。収入を証明するものが必要になるので、年金や健康保険の全額免除の通知書、所得を証明するための書類などをもって窓口に行きましょう。

就学援助制度で支給されるのは、学用品、入学準備金、修学旅行費、社会科見学費、卒業記念費、校外活動費、柔道着のような体育実技用具費、通学費などです。ただし、このうち全ての費用が全額カバーされるというわけではなく、学年によって支給される上限が異なってるケースもあります。修学旅行や遠足でかかる費用は、対象となる経費の実費支給となることも多いので、市町村役場の窓口に相談してみてください。また、通学費などは通学距離によって認められるかどうかが決まるので、公共機関を使えば必ず支給されるというわけでもありません。

なお、支給される金額は市町村ごとに若干異なるので、引越しをして支給される金額が変わったというケースももちろんあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加